採用情報

社員からのメッセージ

神奈川支店勤務・確認補助員・経験3年目

【入社して思うこと】
当社に入社する以前は宅地開発や確認申請を提出する立場でありました。そのような業務を通じ建築基準法を主体に様々な法律を理解し、活用していく確認審査業務に強い関心を持ち、当社へ入社しました。入社して、確認申請を審査する立場になりましたが、建築基準法の奥深さを実感しながらも日々の成長を感じることができ、非常にやりがいを感じます。
また、日々の確認審査業務を行う上で正確さこそが申請者様にとって最大の利点であると思い、丁寧な業務を心掛けています。

【確認審査業務を通じて感じたこと】
建築確認の審査の面白さは、様々な物件や設計者様とかかわることができるところです。その反面、多くの知識を必要とします。法律を理解して、申請者様にご納得いただける説明ができるようになるには、日々勉強し知識を備えてスキルを磨くしかないと思っています。
申請者様からのご相談に回答差し上げた際に、「参考になりました!」と相手の声が明るくなったときは、こちらも嬉しく感じます。また、同じ申請者様から別の相談を持ち掛けられた時は前回の回答に満足いただいた結果によるものと感じ、自分の成長を実感できると同時に信頼関係を構築できる喜びを感じます。
これからも、私が相手とするのは図面ではなく、人であることを忘れずに、どんな申請者様にも真摯に対応し向き合っていきたいと考えています。


【当社へ入社をお考えの方へメッセージ】
確認審査の経験がない方でも、素直で努力を忘れなければ、間違いなく活躍できる仕事です。業務研修体制も整っていますので、ぜひチャレンジしてください。

神奈川支店勤務・住宅性能評価員・経験7年目

入社前から性能評価員という仕事に興味を持っていました。その頃に、たまたま当社の求人を見かけて、応募したのが入社のきっかけです。
以前の仕事は意匠設計でしたので、構造についての知識が薄く、構造計算書の審査には最初は苦労しました。ですが、自分で勉強したり先輩の丁寧なご指導のおかげもあって克服できました。
評価項目は、10分野33事項が定められていて、見落としがないように神経を使いますが、住宅の性能が満たされているかどうかを客観的に評価する責任ある仕事です。また、住まいづくりに貢献している充実感もあります。1つの建物を設計評価(図面審査)から建設評価(基礎検査から竣工検査まで)を担当し評価書を交付したときは、やりがいを感じました。
建築基準適合判定資格や設備設計一級も取得しましたので、今後は仕事の幅も広げて、大規模物件も手掛けてみたいですし確認業務も経験したいと思っています。更に、知識と経験を積んで、お客様からはもちろん、同僚や後輩からも信頼される評価員・検査員を目指したいです。
当社へ入社をお考えの方へメッセージですが、評価業務が未経験でも問題ありません。親切に指導しますので、今までのキャリアをぜひこの仕事で活かしてください。

採用情報に戻る